ヒアルロン酸注入や脂肪注入法

ラインを入れる

小さいバストで悩んでいる人は、美容外科のクリニックで豊胸の施術を受けたい人が増えています。美容外科のクリニックでは、診察やカウンセリングを行い、最適な豊胸の種類を提案してくれます。脂肪注入法は、下半身の太ももの脂肪を採取して、バストに注入をする方法です。脂肪注入法は自分の細胞を使うので、安全性に優れており、アレルギーの心配もほとんどありません。痩せ型の体型の場合は、十分に脂肪を採取できない場合があるので、脂肪注入法の豊胸は適していない場合もあります。痩せ型の場合は、ヒアルロン酸注入法を行うことが多いです。ヒアルロン酸は優れた保水効果があるため、バストにハリや弾力を与える効果があります。授乳を経験して、バストがしぼんだり、下垂した人にもお勧めの方法です。ヒアルロン酸注入法は、1カップ程度バストを大きくしたい人にお勧めです。ヒアルロン酸注入法は、2年ぐらいを経過すると体内に吸収されるので、定期的な施術が必要です。

バストを大きくしたい人にはシリコンバッグ

ビフォーアフター

ヒアルロン酸注入法や、脂肪注入法はダウンタイムが少なく、傷跡も残らないので多くのメリットがあります。脂肪注入法は、自分の脂肪が定着すると自然な仕上がりが特徴です。シリコンバッグを挿入する豊胸に比べると、費用が安いなどのメリットがあります。バストを2カップ以上大きくしたい人や、ハリのあるバストに憧れている人には、シリコンバッグを挿入する豊胸が人気です。メスで切開をする必要があるため、多少の傷跡は残ります。美容外科のクリニックでは、熟練した医師が担当するので、なるべく傷跡が目立たないように配慮しています。シリコンバッグ豊胸は、施術後に多少の腫れや内出血が見られることがあります。ダウンタイムは長めですが、シリコンバッグが定着すると、バストアップ効果が高いのが魅力です。一人一人の体質やバストの形状によっても、最適な豊胸の種類は違ってきます。どの方法もメリットとデメリットがあるので、じっくりと検討することが大事です。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、カウンセリングや診察に時間を掛けてくれます。シリコンバッグを挿入する方法は、大変ポピュラーな美容整形のひとつです。バストは女性らしさを感じるパーツなので、誰でも多少はコンプレックスを持っています。もともとは豊かなバストだった人も、下垂気味で悩んでいる人も多いです。美容外科のクリニックでは、美しい仕上がりの豊胸を心掛けています。

広告募集中